女性

モチベーションがグンとUP|労務管理は組織化をサクッと叶える

社宅制度と住居手当の違い

インテリア

企業の経営者が任意に実施する法定外福利厚生において、社宅制度と呼ばれるものがあります。社宅制度というのは、企業が賃貸したアパートに従業員を住まわせるといった制度です。従業員は企業が借り上げたアパートに住むにあたって住居費を支払う必要がありますが、その家賃の一部を企業が負担しているため従業員の支払う住居費が安く済むのです。従業員の住居費に関する法定外福利厚生には、社宅制度以外に住居手当と呼ばれるものがあります。住居手当というのは、経営者が決定した住居手当費を月の給与と共に従業員へ振り込むといった制度です。社宅制度と住居手当のメリットの違いについて知り、どちらの制度が優れているのかを知りましょう。
社宅制度の優れている点というのは、住居費自体が安くなることによって従業員の手取りが増え、実質的に給与の向上と同等の効果を与えることができます。それは、住居手当に関しても住居費が給与と共に振り込まれるため同じに感じるかもしれません。しかし、この二つには決定的な違いが存在するのです。その違いというのは、所得税の課税対象となるかどうかという点にあります。社宅制度では、住居費の一部を企業が支払っているだけなので口座に支払われる給与自体は変わりませんが、住居手当では口座に振り込まれる給与自体が増加します。その結果、住居手当によって振り込まれた住居手当費も給与とみなされ、所得税の課税対象とされてしまうのです。