女性

モチベーションがグンとUP|労務管理は組織化をサクッと叶える

福利厚生の充実に関して

会社

企業において、福利厚生制度というのは企業と従業員の関係を良くするために必要な制度です。多くの企業の中には、福利厚生制度が充実していないために従業員の離職率が高いという企業が少なからず存在します。離職率が高くなってくると、企業への信頼や業務効率が大幅に低下するでしょう。その結果に伴う経済的損失とういのは、企業にとって痛手となるものになります。企業は従業員がいてこそ成り立ちます。そのため、自身の経営する企業のこういった制度について、今一度検討し直してみる機会が必要となるでしょう。しかし、福利厚生制度に該当する措置の基準は具体的には決定していません。ここでは、どういった措置が該当するのかを考えていきましょう。
一般的に福利厚生制度というのは、経営者が従業員及びその家族に対して、健康的な生活を送れるような福祉を向上させることを目的としています。また、この制度には二種類に分類されます。その分類というのは、法律によって経営者が実施することを義務付けられている法定福利厚生と、経営者の任意で実施される法定外福利厚生です。法定福利厚生制度というのは、社会保険料のことを指します。社会保険料は、基本的に企業が一部負担するもので、その一部負担する金額が法定福利厚生となるのです。法定外福利厚生制度については、住宅手当や通勤手当、社宅等のものを指します。これらの制度が充実していることで、従業員は企業に対する満足度と信頼度を高くもつことができるでしょう。