レディー

従業員の組織化をサクッと叶える!労務管理による施策や制度の決定

福利厚生の充実に関して

会社

福利厚生制度というのは、法定福利厚生と法定外福利厚生の二つに分類することができます。法定福利厚生とは企業が一部負担する社会保険料のことを指し、法定外福利厚生は経営者が任意で実施する福利厚生のことを指します。

もっと読む

社宅制度と住居手当の違い

インテリア

企業が従業員の住居について支援する法定福利厚生制度には、社宅制度と住居手当の二つが挙げられます。この二つの制度には、所得の課税対象に関する大きな違いがあるのです。

もっと読む

労務管理の重要性

2人の男女

企業において、そこに従事している全ての従業員の組織化及び活動計画の立案というのは、企業を機能させるために決定すべき項目です。そういった項目を決定するための施策や制度のことを、労務管理と呼ぶのです。労務管理による施策や制度の基本的な例として、賃金や賞与、手当は勿論のこと、労働時間計画、休日・休暇計画、福利厚生といったものが挙げられます。これらの労務管理を行なわなかった場合、従業員との間に様々なトラブルが発生するでしょう。トラブルが頻発してしまう状況になると、従業員の組織化は非常に難しくなるのです。
労務管理を行なわなかったことで起こる従業員とのトラブルというのは、よく耳にするもので賃金トラブルが挙げられます。賃金トラブルというのは、企業が毎時間発生する賃金の管理をしっかりと行なっていなかった場合に発生します。具体的にいうと、残業代の支払いトラブルです。企業側がしっかりと毎時間に発生する賃金管理をしっかりと行なっているのであれば、残業代も問題なく支払われ従業員とのトラブルも起きないでしょう。また、残業代の支払われない残業をサービス残業と呼び、近年ではこのトラブルが問題視されるようになっています。雇用時においても、労務管理を行なっていなければトラブルが発生します。労務管理に含まれる様々な施策や制度を決定せずに雇用を行なった場合、説明会にて雇用した従業員に話した企業説明と実際の就業時間や賃金が異なっている、といったことが起きてしまうのです。そういった就業内容が異なってくると、雇用された従業員とトラブルが起きるか、早期退社の原因となるでしょう。従業員の組織化をサクッと叶えてくれるので、労務管理は怠らないようにしましょう。

研修会場を安価に利用

拍手する人達

新入社員企業研修を行う際には、研修を行うための会場が必要となることがあるでしょう。その会場を探す際には、できるだけ会場利用料を安くすませるためのポイントが存在します。

もっと読む